引っ越し

引っ越し

引っ越しの際のやることや、業者の見積もり依頼のやり方などについてまとめました。

便利グッズ百科 > 引っ越し

引っ越し やること

引っ越しが決まったら、やることはたくさんあります。準備は早過ぎるということはありません。
可能な限り早めに準備を始めましょう。

1. 転出前準備
  賃貸の場合は、大家さんなどに連絡。持ち家の場合は、売却、賃貸に出すなど。
  子供がいる場合は、転校の手続きなど。
  転居ハガキ、挨拶時の粗品などの準備。
  業者選定、料金の見積もり依頼、業者の選定。
  不要品の整理、可能な物から荷造り・梱包。
  役所への手続き。(転出届、印鑑登録と国民健康保険証の停止、ペット登録など)
  公共サービスの手続き。(電気、ガス、水道、電話、郵便、NHKなど。)
  契約しているサービスの手続き。(クレジットカード、インターネット、新聞、携帯電話、銀行、
    宅配サービスなど。)

2. 転出作業
  荷造り・梱包、搬出、トラックへの積み込み。(なるべく業者に任せましょう。)
  ゴミの後始末、大掃除、ハウスクリーニングなど。
  鍵の返却、住居の引き渡しなど。 

3. 転入作業
  鍵の受取りなど。
  荷降ろし、家具の配置など。(なるべく業者に任せましょう。)
  公共サービスの使用開始連絡。(電気、ガス、水道など。)
  ご近所への挨拶など。
  役所、学校などへの転入の手続き。(転入届、印鑑登録、保険証、年金など)
  住所変更が必要な物の手続き。(運転免許、車庫など。)

引っ越し 見積もり

引っ越し見積もりの依頼をする前に、インターネットが使える方はぜひ無料の「一括見積もり」のサイトで、
ご自分の持ち物などを入力して見積もりを何社かに計算させてください。そうすることで、
おおよその料金を知ることができます。また、どの引っ越し業者が安いか、サービスが充実しているのか
を知ることもできます。それらの結果から業者を数社に絞って、実際に見積もりに来てもらうように
しましょう。

引っ越し業者はプロですから、荷物が梱包されていなくてもおおよその段ボールの数、トラックの大きさ、
必要な人数などを計算できます。インターネットでの「一括見積もり」の計算よりも正確になると思います
ので、ネットの料金と多少差があるのが普通です。あまりにも大きな差があるようでしたら、
理由を尋ねてみましょう。交渉や手伝いの人数などで多少の変動があります。
ただ、あまり安さばかり追求すると、サービスが低下することもあるのでほどほどにしましょう。


[トレファク引越]引越・買取・処分を一括見積

引っ越し トップへ戻る